スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出走予定

あすの出走予定を発表します

・CBC賞へハバタクミライが出走。
もうソロソロピーク落ちするか?と思っていたのですが、なんと伸びてます!
夏までの馬かと思っていたんですけど、
この際ドバイまで持って貰いたい!”

・スクテッドを菊花の3000mの新馬におろします。
この距離が少ないので他の馬主さんもいい仕上げで来ると思いますので油断は出来ませんが能力が高いので期待しています。

・複垢のオリエントパークから中京日曜の新馬1200mにスリムレディという馬を出走させます。
かなりのスピードを持っているのでココはアッサリ勝って貰いたいです!

来期早々の100勝に向けて頑張ってもらいたいと思います^^
スポンサーサイト

普通・晩成馬でGⅠを勝つ為に(4)

ちよよさんのブログでも書かれていますが、騎手の能力はかなり大事だと思っています。
騎手能力の判別方法は、
同じ馬で現在のメイン騎手と新人騎手との差をフリレで測る事で分かります。
(私の場合はコンマ4ですね)
晩成馬を育てるなら騎手のレベルを最高に持っていってからの方がいいかと考えています。
拠って来年度から晩成二頭と考えていましたが、年1頭にしようかと思ってます。
イロイロと難しいですね~

ジャパンカップ制覇!

ユメノツヅキがジャパンカップを制覇しました!

出走メンバーのレベルもほぼ横一線で
挑戦者の様な気持ちで望みましたがスローの助けも有り、結果はレコード勝ち
獲った重賞は桜花賞・菊花賞・ジャパンカップと素晴らしい夢を見せて頂いています。
次は有馬記念、
年度の総決算、何とかチャンピオンホースとしての力を見せて欲しいなと思ってます。

ダービー予想とオークスのレース回顧

先ずはオークスのレース回顧から書きます。

一番人気のシーザリオが快勝しました。
レースはスローで流れる中、シーザリオが動けない位置に挟まれてしまったものの
福永騎手の冷静な好騎乗でジックリ進め、直線内にササリながらも差しきりました。
プリモディーネでやらかした昔が懐かしいです!
(因みにわたしはプリモディーネとウメノファイバーの組み合わせを一万円持っていました^^;)
エアメサイアは鞍上の好判断で早めの仕掛けで二着キープ
三着のはディアデラノビアは力を出し切ってないものの素質をみせました。
秋はディアラノビアが逆転すると思っています。
四着にエイシンはかなりペースに恵まれましたね、
こういう距離は得意のようで1000万の安定勢力になりそう。

さてとダービーの予想です。

一番人気のディープインパクトですが、
相手関係もかなり楽ですしアクシデントが無い限り勝てるはずです。
さてと相手探しですが、アドマイヤジャパンです。
皐月賞でも注目していたのですが差していればシックスセンスよりも上だっと思っています。
(一番の好材料は騎手の交代ですな;;

馬券は、ディープインパクトーアドマイやジャパンの馬連です。

※あと、ディープインパクトですが皐月賞でかなり掛かっていたので心配ですね。純然たる能力で言えばマイル~2000がベストだと思っています。

ー以上ですー

普通・晩成好きの皆様へ!

私のブログ「競馬場で逢いましょう」では普通・晩成馬の観察を行っています。
「こんな方法も有るよ!」、「この馬の成長はどう?」
とかイロイロな意見・質問をお待ちしています。
チャーチルでのプレイですが、
他のサーバの方でも遠慮なさらずに書き込みのほうを頂けたら幸いです^^

皆さまよろしくお願い致しま~す

出走結果等

本日の出走結果です

・パースイヤー
土曜の東京1000万下に出走して二着。
たけるさんのウケツグチカラにボロ負けです。
まさかこんな強いのが出てくるとは思いませんでしたよ。
今度は負けませんよ!

・テレキャスター
二千の未勝利戦を1・59・2で勝利しました。
この馬、何故に力を発揮できないのが全く分かりません。
この分だと暫く調教モードになりそうです。
たんぱ杯は無理かな~

※尚、ユメノツヅキはJCに出走と決まりました。
引退レースとなる公算が高く力を出し切ってくれると良いですね。

昨日の出走結果

昨日の出走結果です

●ユメノツヅキ
お約束の大逃げでレースを進め、
ゴール前ヒヤヒヤも何とか二着馬をハナ差抑えて優勝!
桜花賞馬の菊花賞制覇でビックリさせる事が出来ました。
桜花賞の時も皆さんはビックリされていたでしょうね?
次は女王杯を予定していたのですが、JCも考えています。
強い事を証明したいですからね~

●ハバタクミライ
スローで不発、残念です(三着
平均で1・10・1を出す馬なのですが、
気性面の心配が的中したようです。
ホントに難しい馬ですよ^^;

●テレキャスター
調子自体悪くはなかったのですが、末脚不発で三着でした。
気性面の成長を促す調教がまだ出来ていなかったのが敗因かもしれませんね。


出走予定!

有力馬の今後の出走予定を発表します

ハバタクミライ
BCスプリント→CBC辺りかな?
遂に海外挑戦ココは後々の為に何とか勝って貰いたいです

ユメノツヅキ
菊花賞→エリザベス女王杯→引退か有馬記念
桜花賞馬が菊花賞に勝ったら面白いかな?と思っての出走です。
秋華賞に出走しても勝負には成りますが、
強いライバルが多いのも事実です。

サルパイ
福島民友C→タイム落ちにより引退
残念です。

残りの四歳・三歳勢の動向は
タイムの伸びが急となって来ましたので
これから出走ラッシュという事になりそう^^
二歳勢は意外と成長早が多く年内で新馬に下ろす予定です。
なお明日は芝の未勝利二千メートルに超期待馬のテレキャスターを出します。
内枠・スローでも勝てると思っています。

楽しみな馬が増えてウキウキ気分です!

スプリンターズS制覇!

ハバタクミライがスプリンターズSに勝ちました!

去年の夏位から能力を見せてくれて、
秋に大一番を勝つ事だけに重点を置いていただけに喜びも大きいです。
お母さんのヒラクミライといい、ホント孝行親子です。

ライバルの皆様方からのお祝いも多数頂いた事に
ココにて感謝の意を表しますm(_ _)m
ありがとう

オークス予想

オークスの予想をします。

一番人気のシーザリオですが信頼におけると言えます。
只、アクシデントが無ければ勝つというレベルでは有りません。
本命 シーザリオ 対抗 エアメサイア
馬券はこの馬連一点で勝負しようかと思っております。
何分牝馬の事なのでパドック→返し馬の気配を視てから購入という事になりますね。 
武豊騎手なら間違えなくシーザリオを徹底したマークするでしょう。横山典の様に甘い人では有りませんから
なおディアデラノビアですが今回は不発の可能性が高いと思います。

以上

普通・晩成馬でGⅠを勝つ為に(3)

今回は「晩成の理想的な適正」についてお送り致します。

短距離で芝・ダート問わず走れること
・現在短距離はレベルが低く、賞金が安いので斤量も増えず楽にレースを多く勝つ事が出来ます。レベルが低いという事はピークの低い内から活躍する事が出来ると言う事にも繋がります。

中長で芝向きの馬
・海外のGⅠでは凱旋門賞・キングジョージなど最高峰のレースもあり最強路線を堪能できます。但し早熟系が幅を利かせている現在ではまだ難しいかな;

中長ならアンバーシャダイ・会内で繁用中のクエスマルチネス等揃っているのですが、
短距離だとイイのがいませんね。思いきってタイタクヤマトから一発狙ってみようかな?

スプリンターズSに出走

本日、ハバタクミライがスプリンターズSに出走します。
現在三番人気となっておりチャンス十分です。
相手はロンサムデイズ只1頭と見ています。
ややスローまでならキッチリと差しきってくれる筈です。
只、この馬の場合は気性的にポカがある為に自分との戦いかな

健闘を期待して下さい。

普通・晩成馬でGⅠを勝つ為に(2)

各成長型のピーク時期

普通
四歳秋~五歳春
やや晩成
五歳春~五歳秋
晩成
五歳秋~六歳春

普通成長までの馬3頭しか育て切った事が無いので
自信が持てませんが、一応記して置きます。

普通・晩成馬でGⅠを勝つ為に

第一弾として普通・晩成のデメリットとメリットを挙げていきます。
メリット
・ピークが長い
・オフィシャルHPの成長曲線ではピークの山が高いので
 最強になる可能性が高いと思われる事
・オープン迄に条件戦で六勝出来る事
・他人からの評価が高くなる(多分;;
デメリット
・ピークまでに時間が掛かる事(なので馬房の占有にも繋がる)
・時間が掛かるので血統が古くなる事
・良い種馬が少ない事

●纏め
私的な憶測では有りますが、
「最強になる可能性があるが、時間が掛かるのでデメリットが大きい」と言えます。
これを聞いてワクワクしてきた方はぜひぜひ晩成馬を作って下さいな^^
そんでは

※次回は普通晩成のピーク時期に関して記述をします

新馬戦快勝!”

フジガラノキモノが新馬戦に快勝しました!
私の厩舎の二歳初勝ちです~
この後は年末からスプリント戦線で熱い戦いが出来る様にビッシバッシ調教していきます!

登録失敗

先日、登録ミスに気づかずテレキャスターとローミックスを出走させてしましました!
もちろんレースでは大敗となりショックです;
特にテレキャスターは無敗でGⅠに行こうと思っていたのでかなりへこんでいます。
レース登録は慎重にいきましょ!

マイルC&京王杯SCを振り返って

マイルC
・レースの流れはスロー気味、
 先行勢のラインクラフト、デアリングハートの桜花賞勢のワンツーとなりまりた。
 私の暫定的な本命のアイルラヴァゲインは途中掛かった事も有りますが、敢え無く三着に
 経験上、気性的にカッカしてきそうなタイプなのでスプリンターに育ちそうな感じがします。
 なお、一番人気のペールギュントですが、予想通りイイ脚が長続きしないタイプでした。

京王杯SC
・レースはスローで縦長と成り、展開的に差し追込み勢が厳しくなりました。
 テレグノシスはかなり不利な展開の中、伸び脚が目立っていたので最もレース内容が高いです。
 アドマイヤマックスも上々であると言えます。
 実力馬ダンスインザムードは追ってから味の無いタイプなだけに今回は参考外とみてイイですね。
 戦前の見解と逆になってしまい申し訳ないです;;

京王杯SC

あすの京王杯SCがどんなレースになるか予想します

多分、流れはスロー気味で馬群が密集するレースになると思います。
勝ち馬は先行馬の後ろにいる馬になりそう。
結構難しいレースなので予想は止めておきます^^;;

競馬というものはスローだと先行馬有利であるとも言えません。
どんなレースでもレースを作っている馬が居るのです。

レースを作った馬の例
皐月賞 ) ディープインパクト
マイルC) 全頭

酷い乗り方

稀に見る酷い乗り方を見ましたのでちょっくら紹介を・・・

香港競馬のチャンピオンズマイルに出走したコスモバルクの事です。
スタート直後に流れに乗れないと視た千葉騎手は、
何を思ったかノシを付けて無理やり先頭集団に進出!
これだけでもビックリなのに最終コーナーから仕掛けて失速しました。
(これは異常に時計の掛かる馬場の仕掛け方です)
これではどんな馬でも勝てません。
因みに流れはスロー気味で、先に動いた瞬間負けが確定するレースでした。
乗り方にうるさいオーナーは確実に首にするでしょうね。

他に気づいた事は、コスモバルクは直線の進路取りから視ると
気性的に並ばれると厳しいという欠点も披露してくれました。
後は前から思っていたのですが、反応がイイので切れるタイプの様です。
ですが馬群に入れられないので暫くは先行に出るでしょうけど。





ウチの方針を紹介します

ヨッピイ厩舎の方針を紹介します

「晩成馬でGⅠを勝ちまくる事!しかも脈々と続く自厩舎の血統で」
とチョー単純です。

目標を決めるのは簡単ですがどうすればいいか?これが難しいですよね。
なにせチャーチルでは晩成成長でGⅠを勝った例がないのですから。
次回から、
「晩成でGⅠを勝つにはどうやればいいか?」というテーマで書いていきたいと思います。
※晩成ファンの皆様必見ですぞ。

秋のローテション

有力馬の秋からのローテが大体決まりました

・ハバタクミライ(三歳オープン
スプリンターズS→JBSS

・ユメノツヅキ(三歳オープン
菊花賞→エリザベス女王杯
秋華賞は激戦の様なので菊花賞の方が勝ち目がありそうです。

・サルパイ(四歳オープン
PアイランドSからマイルのオープン特別路線へ
この馬は春から全く伸びてないので普通成長かもしれません
私が珍しくトレンド血統を選ぶと、何故かこういう事になる^^;

・テレキャスター(二歳新馬
暮れのたんぱ杯を目指し、ビシバシ鍛えています。
超早熟でなければとんでもない事になりそう!
12月デビュー予定です。

ハバタクミライ1000万で

ハバタクミライが1000万に急遽出走、危なげなく勝ちました。
ホントはココは使いたくなかったけど、
本番へは賞金面で危ない可能性がある為に仕方なく。
追込み脚質なので本番ではカナリ厳しいだろうな~


出走成績

本日ハバタクミライが函館SSに出走しましたが、残念ながら力を出し切れずに五着。
ウサギさんにいい枠を奪われたようですね。
然しながら、戦前のスロー予想に対して何とややハイペースに。
なんじゃこりゃ?

ちなみに本日のオープン以上のレースは全てウサギさんが出走していました。
これからは競兎場で走ってね。

マイルカップ

マイルカップの一番人気の評価と、戦前のレース分析を簡単に行いたいと思います。

一番人気のペールギュントですが、まず要らないと思います。
理由は以下の二つです。

①能力
 大レースに於ける一番人気は普段のレースよりマーク等がきつくなり、
 自力で勝ち切るだけの力が無い同馬にとっては不利である事
②コースが不向きである事
 この馬の末脚の質は一瞬の切れであり東京コースには向かない
 武豊騎手もこの手のタイプを旨く乗りこなせていない。
 現に全く同じタイプであるマチカネホクシンもラスト50メートルで失速した過去が有ります。
 決して左回りに問題があるタイプではない事は成績を見れば分かる事です。

個人的に狙ってみたい馬は、アイルラヴァゲインです。
大変優れたスピードを持っており、東京のマイルもこなせそうです。
前走で見せた持続力のある末脚はこのレースにピッタリです。
ローテションと鞍上も後押しできる要素です。

紐候補筆頭はセイウンニムカウです、
私が勝つと思っている馬の直後でレースを進め事が出来るからです。
最近ではこのパターンだと皐月賞のシックスセンスがあります。

現役を離れているので的外れな事を行ったらすいません^^;

函館SSに登録

ハバタクミライを函館SSに登録しました。
本番のスプリンターズSへ出走する為には本賞金が足りない為、
1000万で確勝を期するのがベターなのでしょうが、
少しばかり別の意図がある為に登録しました。
理由は、チョットココでは言えません^^
炙り出しとでもいって置きましょうか?

ラッキーにも勝てたらいいな

名前は重要!

私は以下の二つの理由から私的に凝った名前を付けています。

①牡馬でGⅠを勝ったなら種馬としてサーバ公開に踏み切る事も有るでしょう。
その際、有りがち過ぎる名前や好感の持てない名前であると思ったより需要が伸びない事が考えられます。イメージ戦略も大事ですよね。
実際、リアル競馬の社台ファームでは以前はシャダイ・ダイナと言った冠名を付けていましたが、イメージアップの為に止めました。冠名は誰が見ても見分けが付き易いというメリットもありますが。

②思ったよりタイムが伸びない場合等、焦って引退させたくなる事がありますが、名前が自分なりに凝ってつけた馬の場合は引退させずらいものです。簡単に表現すると抑止力ですね。

期待の新馬たち 残りの二歳馬編

~残りの二歳馬を紹介します~

orenngiesensus.jpg

ウォーニング自体に期待しています。今回は成長型等、実験的意味合いで作りました。
入厩が5/1と遅めのタイプになりそうです。

tunagarumirais.jpg

お母さんのヒラクミライは初期の頃に重賞3連勝してくれた馬であり、
且つ母としてはハバタクミライという活躍馬を輩出し、
ヨッピイ厩舎に多大な貢献をしてくれています。
(私はこの馬が走ったのでこのゲームを続けてます)
牝馬なので後継として頑張って貰いたいです。
競争はあんまり期待していません。
期待して走ってくれないと寂しいじゃないですかあ;;

burakeiriasus.jpg

三歳馬にブラックソーダというSS産駒が居るのですが、
これが思い切り期待を裏切っているので(エイリアス=別名)全く別だよ!って意味で作りました。
密かに三年後に期待しています。

surimuredis.jpg

母が能力の素晴らしい繁殖なので期待していましたが、
なんと短距離馬に・・・絶句ですなあ><
しかしながら経験上この手のタイプが活躍してるんだよな

今年のラインナップは全部で10頭です。
前年に比較にならない位期待が持てます。

期待の新馬たち 実力馬編

terekyasutas.jpg

名前の由来は「テレキャスター」という種類のギターの音色が好きだからです。(私も使ってます!)
調教前の段階では結構軽く見ていたのですが、
何とビックリ!概算で二千を1・59・2、二四を2・25・3で走ります。
春のクラシック戦線でブイブイ言わせまっせ
(超早熟じゃない?って言わないでね^^)
血統的にも相手を選ばないので何とか一仕事して貰いたいです。

 
munraitosongus.jpg

葦毛のサドラー産駒なんて・・・生まれた時は異様な違和感がしたものです。
この馬も水準は高そうです。欠点が無さそうなのが売りでしょうか?
サドラーのスピードタイプを意識したんですが、長いところ向きですね。

serekutonains.jpg

短中で芝ダート問わずなのでイロイロなレースで期待しています。
お母さんのナイズリーフはとんでもない繁殖なので何処までいけるか楽しみです^^

期待の新馬たち 厩舎のエースになって!編

sukuteds.jpg

スクテッドってイタリア語知ってますか?
「盾」という意味で、イタリアのサッカーリーグのセリエAで優勝するとその盾が貰えるそうです。
競馬の世界の栄誉である天皇盾を獲って貰いたい、という思い入れからの命名です。
この馬は距離適正は長距離なのですが、二千も殆ど変わらないポテンシャルで走ります。
やや早の様なので有馬記念~天皇賞春戦線にピークを持って行きたいですね。

saikikumodos.jpg

今年もっとも期待している馬です。
ニックスのみですが、母のパラメータが高く基礎能力は十分でしょう。
勿論、気性体力ともいい感じです。
リファール系で気性・体力の良い種馬を切望していたので、
GⅠを勝ってサーバ公開したいと思います。
距離適正は、マイルのダート馬をイメージして作ったのですが、
中長の芝馬になってしまいました(笑
来秋から旋風を巻き起こして貰える様、骨折寸前までビシバシ追っていきます。

うちの二枚看板

WS000006s.jpg

桜花賞を七番人気で勝った強運の持ち主です。
当時、マイルを1・32・8で走っていたので実力も十分あります。ベストは2000~2200かな。
秋は秋華賞か菊花賞を狙っています。意外と長距離も争覇圏内なのでユメが膨らみますね~


WS000007s.jpg

スプリントならサーバ内でも指折りの実力馬です。
勝ち運の無い馬ですが、秋の大仕事を期待しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。