スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふゆの山陰旅行記 2

皆さんこんばんはー^^
山陰旅行記のツヅキを公開します!
ちょっと話を進める前に言い訳をさせて下さい。
カメラ(携帯)の具合が悪かったせいなのかとっても写り悪いです;;

さて、
二日目は松江を朝早くでて国道9号線をひたすら真っ直ぐと進みました。
途中水に囲まれた風景をみてると、
なんか非日常を感じてしまいますね。
まずは、萩まで移動する間に世界遺産になった(正式に??
石見銀山を訪れました。
Image0961.jpg

Image0941.jpg


Image0901.jpg

銀山の銀行wwこなんのもありだよね~^^cc

余りにもスケジュールがタイトなので;;
銀山らしい光景は見られませんでしたが、良しとしましょう。

途中の道の駅にて・・・
日本海を望むヨッピイw↓
Image0881.jpg

とりあえず間抜け面は写りませんでしたねw
意外にもパンツがキチッとAライン映し出してました、、、、

Image0891.jpg

ソフトクリームファン!みよ!
いちじくソフトだよん^^V石見地方は名産地らしい。
Image0971.jpg

ここでお昼ご飯。こういうお店はギャンブルですw
そんでねラーメン頼んじゃったの、これが意外にも旨い!
(まずいだろうと思って写真撮りませんでした)
地元では有名なお店だそうですよ。気になったらまずは検索~

道中で連れと萩まで行くのは無理!と決断して
津和野経由で湯田温泉にショートカット~
とりあえずホテルにチェックインしてから
夜の街に昨日の感動を思い浮かべながら、お店に行ったのでした。
ところが目当ての「こ熊や」に到着しましたが、残念ながら予約で一杯だそう;;
http://www.geocities.jp/hiro77inj/syokuyamaguchi.htm
仕方ないので観光協会が発行しているガイドでお店を決めたんですが、
これが酷い酷い!何が京風料理だっての!
マグロなんてトマトみたいな食感。。。。
まずくて無言になったっつーの><
連れが何時もの通り私が狂気癖を出さないか心配してたそうです;;
仕切りなおしに
地元民がくるようなお店に行ったのですが、
期待とは違いましたが口直しにはなりましたね~。
お店の中に足湯があったのはとっても良かったです!
http://www.tys.co.jp/honpo/ryoriya/050129.shtml

さてさて最後の三日目は秋芳台、萩まで足を伸ばしてみました。
Image1061.jpg

Image1081.jpg

Image1101.jpg

秋芳の鍾乳洞にて。

Image1181.jpg

Image1201.jpg

Image1241.jpg

萩城址

Image1271.jpg

Image1281.jpg

注文してから絞る夏みかんジュース登場!
お陰で夏みかんソフトはたべられなくなっちゃった;;
萩は夏みかんの名産地なんだってさ、勿論魚介類もいいですね。
お昼の料理屋さんで食べたお寿司も美味しかったよ~
(そのあと梯子して蕎麦やさんにも行きました。)
雰囲気もとってもいいし、今度は拠点にしてあっちこっちいきたいなあ。

写真の出来がとっても酷いので今回の旅行記はココまで!
これはリベンジするしかありませんね~。
そんでは又の旅行記をお楽しみに♪
スポンサーサイト

ふゆの山陰旅行記

先日、
山陰に「ふゆ」のしとやかな旅行に行ってきましたので
どんなだったか皆さんにご紹介~!

今回のルートは列車で松江、車で湯田温泉・萩・・・
とってもハードな旅行でしたよw

さてさて、まずは一日目の松江ですが、
二度目ということも有り観光は軽く済ませ、
春に行った際に訪れた日本料理「いと賀」さんに行ってきました。
(ココに来るのが目的だったりします::)

さてまず先付けから・・・
itoga1.jpg

今回は、節分をイメージしたものだそうです。
飾りつけといい、リッパですねえ。
右下はナマコの内臓の干し物、とっても貴重なものなのだとか。
見難らいけど真ん中の黄銅色なのが自家製のカラスミ。。
これ、とってもエクセレントですよ~
(帰りに買おうと思ったけど忘れちゃった^^)

itoga5.jpg

さて、一品目。
これは地物の鮑を出しを一切使わずに酒を少々で
天然のとっても貴重な岩ノリで合わせた汁ものです。
旬菜??の苦味と相まってこれから始まる宴に向けて
口内を整えてくれたのでした!
(苦味の重要さって知ってる?)
しかし、やわらかいですねえ。
ソーダで仕込んであるんでしょうか?

itoga6.jpg

ふぐの薄造りと白子をあぶったものですね。
天然のふぐって、赤みが特徴なんでしょうかねえ
(ふぐの食べたもので色が変わるんでしょうけど。。)
ハッキリいって私が食べてきたものでふぐ史上一番旨いかも!
白子も炙り方がいいので風味が倍増してますね。

itoga7.jpg

鮑の殻を奉書包みに焼いたものです。
山海の珍味が一同にご挨拶♪
これでもかって鮑の旨みをバターが引き出してますね。
ただ、日本酒が負けてしまったので、燗するべきでした;;

itoga2.jpg

キターーーー!
目当ての蟹です!
調理前に「これを使うんですよ!」って御主人が生きてる蟹を見せてくれたのでした。
なんと、これ以上大きくても最高ではない。
これ以下でも駄目!
こういう最高の蟹を「一番蟹」というのだそうです・・・
東京だと、これ一匹の料理で幾らするんでしょう??
まあ、市場には出回らないみたい。
写真は蟹しゃぶですね。
だしに唐辛子の辛味でアクセントが利いて
もう天にも昇る気分♪(汗

itoga3.jpg

さあ、茹で蟹ですね。
もう殆ど説明は不要でしょう。
最後は蟹味噌に燗冷めしたお酒を流し込み頂いちゃいました!
(燗冷めを考慮してお酒を頼みました。なんか野心的ですね)

itoga4.jpg

さあ、〆の和牛のお鮨
島根は旨いもん王国なのね~。
特徴は脂に臭みがないところです。

そのあとはデザートで本当は終わりでしょうけど、
これでオワラナィのがヨッピイw

itoga9.jpg

さばのお刺身です!
もーーー!さいこーー。
血合いがココまで赤いのは初体験!
生鯖の脂臭さが全く無くおいしーー~よ。
実は更にのどぐろの白焼きを所望したんですけど
写すの忘れました;;
(周りが異常にパリっと、中フンワリじゃなくしっとりです)

しかし、ココまで満足させてくれる料理屋さんって
ナカナカありませんよ~。
今度は有名な松茸の時期にこようかって思ってます。

一日目はここまで、二日目はまた後日です。
なんと!ヨッピイのファニーフェイスご登場させますww
(談:ヨッピ^^

最強を目指す!

猛烈な最強馬が誕生!かも;;
とういのも最近は
いい感じで成長していっても思わぬところで
止まってしまう馬が多数でどうも消化不良だからです;><;
それでも長年の研究成果のお陰で
最近はコツのようなものを掴んできました。

そのなかで私の厩舎の初重賞馬であるヒラクミライの血統で
オリエントパーク×ヒラメクミライのゴーイングミライが
本物のミライを見せてくれそうです!
もしも、この馬が晩成なら、、、、
きっとチャーチル最強の宴をヨッピイに齎してくれるでしょう^^c
今度のメールで成長がなかったらユメの始まりかなあ・・・

※ついでにエリアセブンティーもそこそこいい馬ですよ~

旅行にいってきました!

旅行に行ってきました!

冬の味覚を食い尽くしてきましたよ^^
今回は写真をバリバリと載せるのでお楽しみに~♪
あとは衝撃映像を公開しますのでそちらも期待しててくださいw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。