スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナーキーGⅠ制覇!

オリエントパークアカウントで初重賞を飾りました。
しかもGⅠですのでレベル10からレベル12に一気にランクアップ!
本当に嬉しい♪
サンクチュアリの皆さん今まで有り難う御座います。
(サンゴのかいちょには罰金宣告いただきましたが^^;)


さて、面白い競馬サイトがありましたので皆さんにご紹介します!

世界の山ちゃんの園田競馬情報!

落とし所といい、文章の持って行き方といい何とも面白いw
友人のサイトも紹介しようと思いましたが、
私の人間性が疑われるので止めときますw

その代わり、馬券予想に役立つ本を紹介します。

谷中調教助手の書いたこの本は、調子を見る上で参考になりますよ。
美浦トレセン発ファンが知るべき競馬の仕組み―非公式発言

かなり古い本ですが、藤沢調教師の競走馬私論
もお勧めです。
馬の気性面で役に立つかな?

指数だとかテクニック的な面よりもこっちを固めた方が、
トータルで負けが少なくなると思います。

宜しかったら御参考にどうぞー!


スポンサーサイト

5/27競馬予想の反省(日記)

まず、5Rの反省から。
本命のプレンティラヴは好位を追走し持続力十分の末脚で二着をキープ。
やっぱり、末脚が武器のタイプでしたね。
しかし、前回は恵まれたことから軽視したミキノモナコ、
アポロヴィンチが入線したため残念ながら不的中。
これは枠順が大きい感じだったと思います。

6R本命のノワールシチーはタイミングが合わず出遅れて
自分の競馬が出来ずじまい。どうも今日は流れが悪い;;;
といってもリバイバルシチーにはビックリ、
どうやら逃げ先行が有利な馬場か・・・

7Rは非常に難解なレースで一応の本命はトーヨーコジーン。
なんとここでもゲートのタイミングが合わずブリンカーをつけてるだけに万事休す。
ただ、ブリンカーの効果はあったので次は狙えます。

8Rの本命は前回初距離で好レースのフェラーリファイブ。
オートゼウスは逃げるのが解ってただけに
6Rを考慮すれば買える馬だけになんとも情けない;;
わたしの実力を戻すのにはもう少し時間がかかりそう。。

9R
このレースも私には非常に難解でした。
カイシュウタキオンが本命もエイシンニーザンは人気なだけに買いづらい。
カイシュウタキオンは叩き良化型で馬なり調教の為、
ちょっと自信が有りませんでした。
うーん、深読みかな?

ダービー
福永騎手のアサクサキングスは馬場を考慮して差せない流れに持って行き見事二着キープ。
確かに前々回・前回は競馬をしていない為に好感がもてるものの
スローの決め手比べを予想してたので買いづらい。。。
勝ったウオッカは全くの無視。
しかし、このスローを自分から動いてこの決め手ですから文句なしに強いですね。
一番人気のフサイチホウオーは掛かったために凡走したが、
本当に強い馬ならばそれでも問題なかった筈、つまり抜けた力が無かったという事。
やっぱり、こういう時は買ってはいけませんね。
わたしの本命のゴールデンダリアは鞍上の好判断で内を付いたものの
伸びきれず着外に。ちょっと能力が足りなかったのでしょうね。

11R
一番人気のヘイアンルモンドは前回前に行っって捕まったため
今回は差しに回って流れがきつくなりそうな今回は有利と思われるが、
そんなに抜けた馬ではなく非常に危なっかしいので切り、
前回シッカリした末脚で勝ち上がったテンザンモビールを本命に。
二着にアグネスハッピーが食い込んでくれたため、何とか損失をカバー。
しなしながら、今日はなんだか流れが悪かった;;

12R
このレースはココナッツパンチが本命。
予想通り二着をキープしてくれたものの、スローの決め手比べを予想していたため
ポップロックを軽視したために不的中に。
地力タイプのアドマイヤフジが来たのも厳しい展開となったからでしょう。

一日を通して多少のマイナスで済んだものの、
内容はとても悪かったのでもっとレースを見なければいけませんね。

5/27競馬予想

さてさて、ダービーウィークですね。

先ずは、オークスの反省から。

ペースが厳しく差しタイプが有利流れとなり、
強いベッラレイアの強引な競馬にも助けられてローブデコルテが勝ちました。
こういう競馬をするからベッラレイアを軸に取るのは怖かったんですよね。
私の本命のザレマはスタート直後に逃げれないのが解ったとたんに
諦めました;;;
とにかく後方から行くか逃げるかではないと
力を発揮するのは難しいタイプですからね。
武豊騎手は本当に調子が悪いですね。

さてダービーの予想です。

相手関係的に言うとフサイチホウオーが断然だと思います。
ただ、ゴールデンダリアとは正直どちらが強いか解りません。
前回もスローでキチンと折り合ってましたから距離も全然問題ないでしょう。

迷いに迷って本命はゴールデンダリアに。
(迷ったら人気薄と決めてますから。)
前走はスローな流れの中、軽く反応を促しただけで突き抜けました。
あの内容だと殆ど疲れものこってないでしょうしね。

対抗に東京の鬼、フサイチホウオー
単騎穴に前回は入れ込んだナムラマース
この馬は東京24はばっちりでしょうね。
また毎日杯組みはその後素晴らしく活躍してるのも良い。
押えに単騎で行くと思われるヴィクトリー
縦目に対抗=単穴

目黒記念

ここはスローになると踏んでるので斤量の軽い馬を狙います。
(スローになればなるほど距離が伸びれば伸びるほど斤量差は響きます)
本命は能力を買っているココナッツパンチ
対抗に前走内容が濃く、斤量に恵まれたアドマイヤタイトル
以降、
アドバンテージ、チェストウイング、メイショウオウテ、
東京専門のセンカク

個人的に勝負レースは6Rのノワールシチー
恐らく淀みない流れをつくるはずです。
そういう流れに向いた馬のマイネルビジューを本線に
素質の高いユウターベール、ツバサドリーム
押えにクリムゾンベガ

5Rもそこそこいいかと思います。
前走偶々逃げたが反応の良い素質馬プレンティラヴ
本線に前回は持ち味が生きなかったスキマチェリー
ウイビリーブ、ヤエノアカハチ
不利のあったメイキンマジック、
流れに乗れなかったミレニアムカースル
脚質転換中のタカラヘリオス

以上です。









オークス予想

先週のヴィクトリアマイルは
馬場の内目が全く機能しないのを利用した柴田善臣騎手の好騎乗が目立ちましたね。
あと古賀調教師は藤沢厩舎の重鎮でしたので
常識という範疇では測れないので今後に生かしたいと思います。
流石にコイウタにはビックリでしたが・・
スイ-プトウショウは早仕掛けのため伸びが平凡に見えますが、
レース内容は問題なく力を使ってないので次も狙いが立ちます。

さて、オークスの予想です。
土曜のレースを見る限り外が伸びづらい馬場となっているようです。

一番人気のベッラレイアは使うたびに体重を落としており、
素質は買うが信頼は出来ません。
すみれステークスを使うなど陣営の失敗がココにきて響いています。

私の本命はザレマ
あざみ賞ではベッラレイアに敗れているが、不器用なのが敗因と見ています。
この馬はこの時期の牝馬としては珍しく中距離適正を表している事も大きい。
相手本線に出走馬中桜花賞で強い競馬をしたカタマチボタン
前回脚を小出しに使ってロスの多かったミンティエアー
距離適正でラブカーナ
鋭い末脚のローブデコルテ
相手関係でトウカイオスカー
押さえでベッラレイア

☆パドックはカナリ参考になるレースだと思います。
 馬体重に注意!


秋のローテーション!


競馬伝説の記事を書くのは相当久しぶりになりますね。
先日2シーズンぶりに重賞制覇しましたが、
不利枠の嵐やら色々とあって
馬の能力を出し切れて居ない結果にとっても不満足です;;

といっても重賞戦線で勝ち負けできる数に関しては
今までで一番のシーズンとなっているのでここらで大きく流れを変えたいですね~^^

さて有力馬の秋のローテを有力順に。。

・エモーショナル
 エリザベス女王杯→ジャパンカップ
・マイナーキー
 エリザベス女王杯→ジャパンカップダート
・ロイヤルロード
 菊花賞→ステイヤーズS
・シャイニーライン
 菊花賞→有馬記念
・イントゥザイミル
 秋華賞→芝2000m戦線
・エリアファースト、イントゥザパール
 芝2000m戦線主流に
・イントゥザビーズ
 菊花賞→ステイヤーズS

GⅠを久々に取りたいですね~



ヴィクトリアマイル予想

明日は東京競馬場で
牝馬限定のマイルGⅠヴィクトリアマイルが行われます。
ここで強い競馬をしても中2週しかないので
安田記念とは関連性の無いレースになるのは想像に難しくないです。
ただ、レースに参加?!しなかった馬等が出てきた場合は問題ないでしょうけど・・

さてさて、予想です。

まず、一番人気のカワカミプリンセスですが、
エリザベス女王杯は格がハッキリしたレースだと考えてるので
出走馬の中で能力的には一番と思ってます。
ですが、
休み明けと言う事も有り絶対の信頼は出来ないと思うので本命には推しません。

そこでスイープトウショウを本命に上げます。
能力的にも東京コースに実績もあるし、マイルの距離も問題はない。
調教も一週前に強い追い切りを敢行していて陣営の本気度も高く信頼できそうです。
気になるのはスローになりそうなところでしょうか?
東京1600mは差し追い込みが優勢といわれるコースですが、
それは高いクラスにその傾向が強いだけであり、
牝馬同士のレースならそうとも言えないと思ってます。
私は格でその差はどうにかなると思ってるので期待に応えてもらいたいですね。

さてヒモ一番手は配当面でアドマイヤキッス。
1600mの適正はバッチリだし
ペース判断なら日本一の武豊騎手というのも大きい。
二番手はディアラノビア
この馬は昨年同レース二着ですが、外を回った差が痛かった。。。
今回は外を回っても大丈夫なのでいいレースが出来るでしょう。
押えに強いカワカミプリンセス。

以上です。

※近走調子を落としている馬に付いてはキリとさせて頂きました。
 牝馬が一ヶ月位で調子を戻してくるとは思えませんからね。

マイルカップ結果分析

先ほど行われたマイルカップの結果分析を行います。

ペースは予想通り速い流れと成り、距離適正があるピンクカメオが勝ちました。
決してフロックではなく以後牝馬同士ならGⅡでも通用するでしょう。
(オークスで買おうと思ってましたが、流石にローテ的にムリ)
ローレルゲレイロは使える脚が短いので私には買いづらい;;
ムラマサノヨートーは前回は相当ロスの有る競馬でしたので
ソコソコには来ると思いましたがココまでとはちょっとビックリ。

わたしの本命馬であるシャドウストライプは
外々を回らされて苦しい競馬で9着。
うまく乗っても5着が精一杯といったところでしょうか。
一番の敗因は距離だと思います。(ピッチ走法は持たないなあ:)
アサクサキングスは前に苦しい流れの為、
次に関しては全くの参考外とみていいがマイネルシーガルは全く原因不明。
因みにオースミダイドウとダイレクトキャッチは
次走にとっていい調教となったと思います。
良で激走してないので2走ボケの可能性が減るからです。

※京都のメインも追い込み天国となって非常に楽しかったですw
 逆にダートがハンデが物を言う馬場状態となっていたので
 メイショウホウオウはかわいそうだった;;



マイルカップ予想

マイルカップの予想の前に先週の天皇賞の分析をします。

~天皇賞~

ペースは平均的も馬群がつまり、見た目以上に苦しいレースになりました。
(レース直後「一体何頭故障してるかな?」とか思ったくらいです。
 またこのレースを経由した馬が出走してきた時は疑って掛かった方がいいかも)
私の本命のトウショウナイトは自分の競馬をしたが、強いメイショウサムソンに潰されて五着に。。。
勝った馬は同じく自分の競馬をしたのだから強かったと言うことだと思います。
またメイショウサムソンはスピード競馬に持ち込んだのがよかったですね。
同じタイプだとビワハヤヒデが思い出されます。


~マイルカップ~

何時もの通り、予想の前に簡単な概要説明をします。

・マイルカップは創設から低レベルレースをなっていてGⅠの常識が通用しない。
 (二回ほどGⅠとして認められるが有った。)
・前哨戦のレースレベルは、皐月賞→桜花賞→NZT
・明日は重が予想されているので、
 騎手の体内時計にブレが生じるためにハイペースが予想される。

わたしの本命はシャドウストライプ。
NZT組のためにジックリと考えてみましたが、
前走内容が素晴らしい。
初芝、外々を回らされた割りには脚は活きていたし
ステップレースのような使い方をしたのも大きいです。

紐は馬場状態によりますが、
8レースが1・36・5以上で決着しないことを前提に進めます。
(以上なら、休養明けはキリでピンクカメオ・ワールドハンターを足します)
対抗はマイネルシーガル
根拠は新馬戦を見たときから東京マイルの適正の高さに注目したから。
前走は論外とみていい。
単穴はまたまた新馬戦から注目していたダイレクトキャッチ。
以下、内を付くのが不利で評価を落としたアサクサキングス。
決め手のあるオースミダイドウ。
鞍上が魅力のイクスキューズ。

以上になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。