スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルC&京王杯SCを振り返って

マイルC
・レースの流れはスロー気味、
 先行勢のラインクラフト、デアリングハートの桜花賞勢のワンツーとなりまりた。
 私の暫定的な本命のアイルラヴァゲインは途中掛かった事も有りますが、敢え無く三着に
 経験上、気性的にカッカしてきそうなタイプなのでスプリンターに育ちそうな感じがします。
 なお、一番人気のペールギュントですが、予想通りイイ脚が長続きしないタイプでした。

京王杯SC
・レースはスローで縦長と成り、展開的に差し追込み勢が厳しくなりました。
 テレグノシスはかなり不利な展開の中、伸び脚が目立っていたので最もレース内容が高いです。
 アドマイヤマックスも上々であると言えます。
 実力馬ダンスインザムードは追ってから味の無いタイプなだけに今回は参考外とみてイイですね。
 戦前の見解と逆になってしまい申し訳ないです;;
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。