スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰旅行記(その3)

山陰旅行記、最後になります。

さあ、最後の夜です。
私の一番の好物である御寿司をたらふく食べるために旅館より出発!
ところが日曜日だったために。何処も休みばかり。
お店の数は半端じゃないのに、全然やってねえぞコラ!
と、闇夜に一片の閃光が走るように寂れたおすし屋さんを見つけた。
何時もなら躊躇するはずなのに、
私の脚は勝手におすし屋さんに向かってる。
(我ながらこの行動力にはビックリ)
中に入ってみると案の定、お客さんは一人も居ない
内心「やっちまったなあ・・」
気分を取り直して
「生ビールと地のもので最高の刺身を下さい」
「ヘイ!」超威勢のいい返事が返って来た。

まず出てきたのは飛び魚でした。
食べてみると、これがとっても甘くておいしい♪
名物旨いものなしって言うけど、違いましたね。
(この瞬間、不安はどこかへ行って信頼に変わりましたね)
その後はお金なんかお構いなしに大好きな御寿司を頼みまくりました。
さて、お会計という時に
~最後の夜だしちょいと羽目を外そうかな?~と思い
「大将、安く呑めて綺麗な子がいるお店紹介してもらえませんか?」と聞き
「解りました、わたしが付いていくので安心して下さい」
と快諾してくれました。

クラブに付いてみると、綺麗なママさんがわたしに付いてくれた。
わたしを知ってもらうために
一人旅に来たこと、山陰の印象を語ってみました。
勇気の居る一人旅に出てるのを気に入ってくれたせいか
打ち解けるのに時間は掛からなかったですね。
土地の人間風土・考え方とか色々語り合いまいたね。
(もちろんお約束の男女の話しが一番盛り上がったは当然かも;;)
ホテルに戻ったのは二時だったっけ?

朝は昨日のお酒を取るために源泉掛け流しの温泉で疲れをジックリとって
いざ憧れの鳥取砂丘に向かって元気に行動開始♪

最後のお昼は「いけす料理 海陽亭」で頂きました。
流石生簀で泳いでたシロイカだけあってとっても美味しい!
ちなみに11:00だというのに日本酒と刺身の盛り合わせを頼んじゃいました;;
(白いか定食も食べちゃった)
旨かったなあ
Image027.jpg

到着~(ココまでの移動手段は何と先ほどの料理屋さんに送って頂きました、ありがとう!)
Image030.jpg

ずっと見てみたかった鳥取砂丘
二時間位ぼーとしてましたw
Image037.jpg

Image036.jpg

海がとっても綺麗だったよ。
おもわず日常の考え事ばかりしてたなあ
Image054.jpg

砂丘のリフトから(あんまりパノラマチックじゃなかったのが痛い)
Image059.jpg

この後は
六時の飛行機に乗ってわたしの都である埼玉まで帰りました。

今回の旅行は特別意味もなく行ってみたのですが、
知らない自分に気づいてしまった・・・
というより、そういう自分から逃げていた事に気づいたし、
思わぬ収穫が有りましたね。
なんか、運命的な旅だったかもしれません。
自分を見つめ直したいのなら、一人旅、お勧めします。
それと、旅先で親切にしてくださった方々有り難う御座いました。
お陰で旅がとっても有意義なものになりました。
感謝しています。

ヨッピイ
スポンサーサイト

Comment

お寿司とママさんがおいしかったんですなっ!
くぅぅぅぅうううっ食いてぇ~~!ヽ(`Д´)ノ
(どっちをっっ?!)

片方は頂いてませんw^^;;
日本に帰ってきたら、是非お寿司食べてね~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。