スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞 予想

久々に競馬予想をします。

最初に予想を提示する前に
このレースに於ける大まかな見解を示します。

・絶対的な本命馬といえる馬が居ない。
・皐月賞当日は馬場状態が良好で内外の有利・不利が考えられない。
・極端なスローペースは無いと思われる。
(騎手心理からチャンスの有る馬が多数いいるので、ハイペースも考えづらい。)
・前哨戦でレベルの高いレースは弥生賞と考えています。
(ただ、賞金面等で厩舎戦略上、他のレースを経由してることも有ると思うので一概に馬の能力を判断するのは危険です。)

あと、有力二頭はキリとします。
根拠は、
アドマイヤオーラは弥生賞では強い競馬をしたが決定的とはいえず、
マークされる一番人気となり走る前から不利な位置に居る。
フサイチホウオーは明らかにダービーに焦点を定めている。
(ちなみに、父のジャングルポケットはアグネスタキオンという絶対的な能力を持った馬が居るため、ダービーだけに標準を絞っていた事から切って見事に一点で的中。オマケに菊花賞にぶっつけで行くというダービー勝利後のインタビューから間違いなくジャパンカップに標準を当てていると考えた為、その時点で確信的に狙ったいた)

諸案を勘案して私の本命はドリームジャーニー。
根拠は、連勝中のフサイチホウオーと未だ決定的な決着は付いていなく、
前走は直線の不利が大きく、調子もいかにも叩き台的な使い方をしたこと。
(今回の追いきりは末を伸ばすことに重点を於いた調教に非常に好感が持てる)
対抗はココナッツパンチ。
キャリアの浅い中、弥生賞で持続力十分の末脚は驚愕に値するし、
何しろ上昇ムードにあるのが大きい。
単騎穴にナムラマースを指名。
この馬の臨戦過程はいかにもGⅠに狙いを定めた使い方をしており、
前回は早仕掛けにも関わらず完封した事から成長を感じている。
以下、弥生賞で出遅れが痛かったメイショウレガーロ、
中山向きなアサクサキングス、前回で新味を表したフライングアップル。

以上です。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。