スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産の掟

いきなり物々しい題名なんですが、
わたし的な生産方法を公開したいと思います!

まず一番大切だと思っているのは繁殖牝馬の能力です。
どんなのがいいかというと、
持続のパラが見えないのも有り、競争・繁殖実績のある馬がいいです。
芝馬を生産したいなら、
芝適正・瞬発力の高い値の物を選ぶ。ここまでは普通ですよね?
チョット変わっているのは、
「ダート適正が低い方がいい。」は?とか思いますよね?
(パワーは重の適正に関わっていると思うので、ソコソコ重視します)

パラメータ的にSSが全部並ぶ確立ってかなり低いと思うんですよ。
実際、繁殖牝馬が全部の値がSSの馬なんかが台頭してしまうと
ゲームとして成り立たなくなってしまうので
いくら行き当たりバッタリのジークレストの運営と言えど
余程の事がない限り出ないのでは無いか?と推測しています。
あとは安定的に能力の高い馬を生産するというよりも、
私自身が「とんでもなく強い馬が偶に出てくれば良い」
という方針を持っている事も関わっています。
(つまり決め打ちです)
当然ダート馬を作りたいときは概ね逆パターンです。

お相手の種馬ですが、遺伝を重視します。
最近は他のパラメータはあんまり気にしてません。
他に重視したいのが、実績内容です。
早熟で有っても夏に落ちる馬と三歳末まで持つ馬、ピークの短いタイプ
距離適正の広いタイプ等、イロイロありますね。
ですからおみくじ種馬等は結果が見えるまで余り使っていません。

配合はニックスはほぼ必ずで、
繁殖牝馬の能力をインブリードで補完したい時は
アイロニー・ハバタクミライで大きく能力アップの実績が見られた為、
奇蹟の血量を重視します。

我ながら良い配合だな?と思ったのは
三歳のスクテッド・サイキックモード、
引退したハバタクミライ・アイロニーです。

まだ実績が無くあやしい生産方法ですが、
恥ずかしながら公開してみました^^

※繁殖牝馬から書いてしまった為、後から種馬を選んでいるように見えますが
 将来の締めの配合を見越して繁殖の系統を選んでいます。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。