スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やや早熟についてヨッピイなりにおもうこと

今回は珍しくも攻略情報について書かせて頂きます
(ヨッピイ流に誰でも解りやすく書きますね)
やや早熟型には早めと遅めの成長型があります。

・早め
早ければ三歳当初より自分の力を発揮しだして
四歳当初までピークの力を出す事ができます。
つまりダービー等の大レースから、
秋のGⅠシリーズまで持たすことが出来ますね。
今だと最強路線を伺うには最も有利かと思います、
恐らく厩舎レベル8でもジックリと極度にレースを使わなければ
早くピークに達する筈ですよ
代表馬だと私が走らせ頂いたテレキャスター

・遅め
三歳秋~四歳の晩年位まで
この成長型は現実競馬で言う晩成と同じで
三歳の秋~四歳の秋位までピークの力を発揮することが出来ます。
古馬重視でジックリいきたいならこの成長型もよいと思います。
頭数の多い早め勢が引退する四歳時期なら重賞制覇を狙う機会が
近くなるのがメリットでもあるかもしれませんね~
私的には隙間産業とか思ってます。
といっても私の得意の長距離も隙間産業であるとも思われます。
代表馬だと一年間も
最強マイラーの名を欲しいままにしているマリスクラッジ

※馬によって何ヶ月かピークがずれることが有ったり、
 一瞬のピークタイプとかがありますが、
 運による要素が大きいと思われます。
 自分が思うようにはナカナカ上手く行きませんが、
 そん時はご愛嬌くらいでノンノンと楽しむのもいいかなと思います
※早目と遅めの見分け方については、馬主会の強いな!と思う方に聞い たらキット教えてくれますよ^^
 チャットが苦手だったらら競馬伝説内のメールを使って
 聞いてみるのも良いかもしれませんね
 私も強くなりたい!と思ったら
 マズは一歩踏み出すのも大事なんではないでしょうか!!
 

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。